PHOTO WALK 体験会 Report (中台コース)

みんなで階段を登って殻を破ろう!


2021年1月24日(日)のPHOTO WALK Vol.1 に先立ち、ND2フォトグラファーが特別に招待した10名の皆様に、実際にND2のフォトウォークを体験していただきました。この記事では、3〜4人ずつに分かれて歩いた3コースのうち、私が案内した中台コースの様子を、参加者の皆さんの作品とともに紹介します。

内村コースケ:ND2 Photographer

Photo : Kenji Nakamura

ND2 studioは、東京都板橋区中台2丁目にあります。Nakadai 2-chomeの頭文字と、ND2フィルターをかけています。中台は、メジャーな土地ではありません。知る人ぞ知る東京ディープスポットと言っていいでしょう。ND2フィルターも−1EVの効果しかないのですから、非常にデリケートなアイテムです。

そして、私たちはむしろ、中台やND2フィルターのようにディープでデリケートであることを誇りにしています。メジャーで分かりやすいものばかり追っていては、深みのある作品を生み出すことはできないでしょう。私はそれこそが、真のプロ意識だと思います。


Photo : Ryugo Kaga

さて、今回中台を歩いた3人は、そんな「真のプロ意識」を持ち合わせた方々です。皆さんカメラマンとしてはアマチュアですが、中途半端な名だけのプロカメラマンよりも、よっぽど深い「ND2精神」をお持ちです。

期待した通り、階段と坂道に囲まれた中台という土地の深淵さに3人とも瞬時に気づいたようです。私がサジェスチョンをする必要はまったくなく、序盤から土地が放つデリケートな表情に反応し、軽やかに、時には重々しく、そして魂を込めてシャッターを切っておられました。


Photo : Kosuke Uchimura

Photo : Kenji Nakamura

Photo : Kenji Nakamura

実は、事前に周囲の人たちにフォトウォークの構想を話した際に、「他の人と一緒に写真を撮るのは気が進まない」という声もありました。私も写真撮影は本質的にはソロワークだと思っていますので、その気持はよーく分かります。ただ、他のカメラマンが撮影している様子を見るのはとても勉強になりますし、それ以上に自分の撮影する姿をさらけ出すことにより、殻を打ち破るきっかけになるのではないか。私はそう考えて、フォトウォークの企画を立案しました。

写真においても、自分の殻を破らないことには前には進めません。今の自分が撮っている写真が究極的に完成されたものだというのなら別ですが、さすがにそこまで思い上がった写真家はいないでしょう。延々と続く中台の階段のように、一つのピークを超えたら終わりではありません。高みにたどり着くたびに、次の階段を探し、新たな坂道を登らなければいけない。その道は、生半可な勾配ではないかもしれません。自分の殻だけに頑固に閉じこもっていては、なかなか先に進めないでしょう。他の人と一緒に撮り歩くことで、ちょっとしたきっかけを得て突破口が開く。そんなことを、私は35年の写真人生で何度も経験しています。


Photo : Rikiya Kawada

Photo : Rikiya Kawada

Photo : Rikiya Kawada

それから、土地の人と話すこともスナップ・フォトでは大切なことだと思います。口下手な私などはつい、避けてしまいがちなのですが・・・。特に、SNS全盛の今は、「人」を撮ることによってさまざまなデリケートな問題が生じています。だからこそ、誤解や齟齬が生じないよう、スナップをするステージにいる人々とコミュニケーションを取ることがますます大事になっています。

私が知る限り、板橋で出会う人たちはとても温かく、郷土愛にあふれた方が多いです。人の出入りが激しい東京23区の中では、とても珍しいと思います。崖っぷちにある中台2丁目公園で出会ったおじさんも、板橋のフォトジェニックなスポットを色々と教えてくれ、モノマネや手品を披露してくれました。


Photo : Kenji Nakamura

ND2のフォトウォークでは、2時間弱撮り歩いた後、スタジオに戻って撮影した作品の講評(鑑賞)会を行います。他のコースを歩いた人たちも一緒に、大型モニターに撮影データを映し出して感想を言い合います。ここでのキモは、自分の作品をよく見せようなどと思わず、失敗カットも含め「撮って出し」で今日の全てをさらけ出すこと。これもまた、自分の殻を打ち破るきっかけになるでしょう。

実際、こんな感想をいただきました。

「自分は最近、(オールド)レンズの試写・写りの比較という形でしか写真撮影をしてこなかった。今回は久々にしっかり『写真』と向き合え、大きな刺激になりました」

「失敗写真を含め『全部見せる』という観賞会のスタイルは新鮮だし、とても良い気づきがありました」


Photo : Toshiaki Tsuchiya


また、こんな嬉しい感想もありました。

案内役が適度な距離感で接してくれたので、撮りやすかった。かといって要所要所での案内はしっかりしてくれたので、ちょうどよかったですね」

写真家は孤独です。でも、たまに仲間と一緒に撮り歩く写真家は、さらに孤高の存在になれるでしょう。

PHOTO WALK 体験会 Report (中台コース)” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です